模型

フィリピン不動産のメリット|初めて投資をする人にも最適

投資を行う人は必見

マンション

アメリカのマンションは修繕工事を行うと耐用年数がリセットされるので、今後は税金対策として多くの方が使うでしょう。マンション投資を行う際のローンは元金均等返済と元利均等返済を利用できるため、メリットとデメリットを知っておきましょう。

詳細を読む

国内から海外へ発想の転換

案内する人

若者人口が多いフィリピン

不動産投資は株などに比べるとリスクが小さくて安定した収入が得られます。ただし日本は少子化が進行するので、これまでのように作って貸し出せば満室になるといった安易なやり方では通用しなくなります。少子化が進むといっても都市部では単身者の流入が続くので問題ないのですが、地方在住の場合は不動産投資も難しくなります。そのような時は従来の運用方法ではなく、海外不動産の投資へ考え方を転換するのも1つの方法です。すでにフィリピン不動産への投資は活発化しています。思い切って国内から海外へ目を向けた方が有利な不動産投資ができます。フィリピン不動産への投資が活発化したのは、人口分布が日本とは逆で平均年齢が23歳と非常に若いのです。そのため不動産投資には最も適しているのです。

経済成長と不動産価格上昇

フィリピン不動産のメリットは人口だけではなく、経済成長率もアジア諸国の中では高いのです。GDP年間成長率が常に6パーセントを超えており、順調に推移しているのです。経済成長率と不動産価格は比例するので、投資先としては魅力があります。またフィリピンの中心であるマニラ首都圏のインフラ整備が進んでおり、利便性のさらなる向上が期待できるのです。特にマニラ首都圏の高級なマンションでも1000万円で購入できるという価格の安さもフィリピン不動産の特徴です。またビザを持っていると銀行からの融資が受けられる上に、賃貸の利回りが良いのも特徴です。例え手持ち資金が少なくても、融資を受けることによって不動産購入が可能です。

賃貸経営を省力化するには

住宅模型

サブリースとはオーナーが管理会社に不動産物件を賃貸し、さらにそれを入居者に転貸するという賃貸経営の一手法です。オーナーにとっては日常の管理業務を一任できるばかりでなく、家賃保証も受けられるというメリットがあります。

詳細を読む

企業の海外進出による対策

スーツの男性

日本の企業では海外進出が増えているため、ビジネスマンでは自宅を留守にするケースが出ています。そのため、留守の期間は自宅をリロケーションをすることで、メリットを得る流れがあります。今後におけるリロケーション会社では、海外の赴任先でのお世話も行う動きが出ています。

詳細を読む